野遊び系ヲタクが之く

僕達を救うのは自然

インラインスケートを用いたスキーのオフトレについて思う

 
 インラインスキーは冬場のスキーと同じだと謳って先輩たちには教えられたけどやはり違うものである。
年々シーズンを終えるたびにインラインの重要性を再確認するとともに、スキーのそれとは全く違うもだということを痛感する。
 

 

 
 
 

・物理的に違うこと

 
 スキーたわんでサイドカーブを生み出し、その反発力で推進する。昔のスキーのようにサイドカーブが無くてもたわみで綺麗に弧を描き、走りを引き出すことができる。
サイドカーブが付いた事により、昔と比べて曲がりやすくなった反面、を過度に入れたりと間違った動作でスキーを扱えるようになったことから、膝が入りやすい骨格や、癖がついてしまった人にとって直すことに苦戦する。また、スキーの進化によってその癖がつきやすくなってしまったのも事実だ。かくいう私もその一人である。
 
 
 一方インラインでは、物理的にたわまない
たわまない・サイドカーブがないことから、膝を入れる動作は初めのうちは取り払って練習しなければ意味がない。もちろんウィールは傾きますから、曲がりやすくなるでしょう。しかしスキーでは全く意味のない動作なので、取り払って練習しなければ意味がない。
 
 インラインで立って内側に膝が入るようであればそれは強制する必要があります。(いわゆるエックス脚)
また足首を捻りこむ動作も良くない。
 板がたわまないとどうやって滑るかというと、遠心力とそれに耐えるための傾きなどを最大限利用することが大事だ。
 欠点が多いようにも思えるインラインもスキーと関連付けてトレーニングを行うとかなり効果的であると思っています。
また、全長が短いのでスキーよりも足裏感覚にシビアになり、前後感覚・重心移動をマスターするにはうってつけだ。
  
 
 
 これらを考慮して自分の滑りを見直すとより効率よくスキーの上達につながると信じています。
 
インラインは癖を直すこともできますし、イメージトレーニングにもつながります。
 
 特に私のように大学からスキーを始めた者にとってはライバルと同じ冬場の滑走時間ではとても勝てると思えません。そこで、オフシーズンに最も手軽で滑走感が味わえるこのインラインを使ってバランス感覚・重心移動などを研ぎ澄ます事が重要だと思っています。
 

以上備忘録的な何かでした(完)

 

 関連記事

 

hisshi97.hatenadiary.jp