読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

求める君のブログ

スキーと写真を愛する男のブログ。

大学に入って勉強よりも取り組んでしまったこと。

今週のお題「部活動」

 

 

 

始めたきっかけ

 題目にもある通り大学とあるわけですから部活動じゃなくてサークルのお話なんですが、私には少し他人よりできるスポーツがありまして。3歳から父親がやっていた影響でスキーに行くことがよくありました。当時京都の北の方に住んでいたので幼いころはスキー場によく行っていました。特に習っていただとか父親から教わったわけでもないのですが、3歳でそのスポーツと出会いました。小学校手前で大阪に引っ越してしまったのでスキーとは全く縁のないような環境で育ったのですが、年に1,2回ほど家族でスキー旅行に行ったりとそれなりに楽しんでおりました。 そうして自分も成長するに従ってパラレルターン(板を揃えて滑る)ことができるようになり、毎年スキーに行くのが楽しみで仕方がありませんでした。 

 小学校高学年になるといつしか部活と言うかたちでスキーをしてみたいという気持ちが強くなっていました。もちろん大阪でスキー部がある中学や高校にスキー部なるものは一部の私立を除けばそうあるものでもありませんでした。 中学二年生の頃、林間合宿という名目でスキー合宿に行きました。事前のアンケートから一番上のグループに選ばれたわけですが、スキーが得意だと自負していた他の友だちの滑りを見て愕然。もちろんそのころ自分に滑りを分析する能力なんてありませんでしたがね。

 もしかしたら自分は結構スキー上手い方なんじゃね?

と思い始めて、その合宿では最後のイベントである松明滑走の先頭をまかされました。裏を返して言えば、一番スキーが上手いと認めてもらったようなものです。

 そんなことで当時ソフトテニス部に所属していた僕はあらゆる場所で「スキーめっちゃうまいやつ」という認識をされてしまいました。

 時は過ぎ、大学生になりました。小学校からスキーをやりたかった僕はスキーサークルを探して、あらゆる場所で行っている勧誘を無視して基礎スキーサークルに飛び込みました。

 

基礎スキーって?

 みなさんがテレビとかオリンピックで想像するのはアルペンスキーってやつですよね。あれは決められて設置してある旗の間を通ってタイムを競う競技です。よく「回転・大回転・ダウンヒル」なんて聞きませんか? 所謂それです。

日本では湯浅直樹選手やもう引退されましたが皆川賢太郎選手が有名ですね。

 対して基礎スキーはタイムとかではなく、滑りの美しさを競う競技です。あまりイメージが湧かないと思いますが、スケートで例えると、

アルペンスキー = スピードスケート

  基礎スキー = フィギュアスケート

と考えてもらえば結構です。

もちろんクルクル回ったり踊ったりはしませんよ?(笑)

タイムがないならどうやって点数を付けるんだって言ったら、フュギュアと同じで人が採点します。

スタートとゴールが決められていて、例えば大回り、小回り、コブ種目(モーグル的な)など決められた滑り方で降ります。

殆どの場合は何人かジャッジがいて99点満点の点数を3人分採用した合計得点で競います。細かいことはさておき下から見て、あいつうめぇ〜〜っと思わせた人が勝利です。

 一見地味に見える競技ですがその奥深さはは私が知っているどのスポーツよりも深いものでした。

 よくスキーやってらっしゃる人はスキー検定なんてご存知だと思いますが、路線は似たようなものです。

僕の下手くそな滑りですが、こんなイメージです。

 

なぜドハマリしてしまったか

 理由は数え切れないほどありますが..大きく挙げてみると

 ①スピード感のある非日常的な体験

これは他のスポーツにも当てはまると思うのですが、スキーはその頂点でしょう(笑)

雪がたくさんある土地で、生身の体で時速80キロ......

これだけでもウズウズしちゃいますね(笑)

考えてもみてください、生身の体でこんなにスピードの出るスポーツなんてありますか? 僕は思いつきません。 あの疾走感だけはどんな事にも変えられない体験なのです。

 

 ②滑ればとりあえずは上達する

 これは少し語弊のある言い方ですけど、まんまです。

やればやるほどスキーは上達します。基礎スキーにはある種の上達ルートが存在してそれにそって練習すれば、誰でもとは言いませんが努力次第で一定レベルには達する事ができてしまうのです。

それでもそこからは奥が深いことなんのって。このあたりは詳しく話しませんが....

 

 ③冬だけと思いきや年中できちゃう

スキーをやってない人の殆どは、

「スキーなんて冬しかできないじゃん」

「夏に筋トレなんかしたくないし」

「冬しかできないのに今から始めても遅くない?」

なんて考えを持ってませんか?

これは全部間違いです。夏にもできちゃうところが僕を年中スキーのことを考えちゃうスキーバカに育て上げてしまったのでしょう(笑)

 もちろん雪の上でできるわけではないのですが、プラスチックマットの上をスキー板で滑る"プラスノー"(よく似たものでピスラボなんかもある)、ローラーのついた靴で路面を滑走する"インラインスキー" などがあります。 他にもグラススキーだったり海外に行ったりする方法もありますが、僕的に敷居が高いのでおすすめしません(笑)

 これらのオフトレのお話は長くなってしまうので割愛させてもらいますね。

こんな道具を履いてストック持って滑るのです。

インラインスキーだけ想像がつきづらいと思うので参考動画を置いておきます。


サマースキー大会 技術戦 優勝 @インラインスケート


第11回北陸インラインスキーCup 学生エリート男子 技術選手権 @基礎スキー

 

 

シーズンイン

 

 当方関西住まいですが、どうやって滑走日数・練習時間を稼いでいたのか。

はい、ズバリ居候です!

長野県にある宿で、衣食住、リフト券代を補助していただけるという条件で働きながら住まわせてもらっていたのです。

こんな経験、最近の大学生でしている人なんているんですかね?

これがまた楽しいこと、学ぶことが多いこと。

普段は家族とだったり一人で暮らす大学生ですが、見ず知らずの人間と、サークルの人間と、一ヶ月以上共同生活を送るという体験をあなたはしたことがありますか?

 

シーズン中はスキーばかりしていて、大会や検定に向けて練習といったところでしょうか。

 

まとめ

そんなこんなで基礎スキーにどっぷりはまってしまった私ですが、少しでも興味を持った方はスキーを初めてみませんか?

「部活動」というテーマにも関わらず基礎スキーというスポーツ紹介みたいになってしまいましたが(笑)

サークルというコミュニティの中での経験はまたの機会にでも。

 

始めたばかりで情報が散らばりすぎてしまいましたが、ご容赦ください。

それではまた。

 

 

 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村